介護老人福祉施設

1.基本理念
ご利用者が施設の中で人間としての尊厳を保ち、健やかで快適かつ生きがいのある生活が営めるよう努めます。
その為に、①ご利用者の基本的人権が保護される介護を
     ②ご利用者が生きがいをもって生活できる介護を
     ③ご利用者が安心して家庭的な生活ができる介護を
そして施設のキャッチフレーズである『笑顔をモットーに思いやりと心のふれあいを大切にする』ことを理念に、ご利用者が生きている喜び、明日への希望が持てるように施設での生活を支援します。
2.基本方針
(1)人権の尊重
ご利用者の自己決定と選択を尊重し、誇りを損なうことのないよう個人の尊厳に配慮した良質かつ安心・安全なサービスの提供に努めます。
 
(2)個別処遇の充実
職員は倫理規定に沿って職務遂行の重要性とその責任の重さを常に自覚しご利用者のニーズと意思を尊重しながら、日常のコミュニケーションや生活介助により、生活の質(QOL)の向上を目指し、ゆとり潤いのある生活ができるよう努めます。
 
(3)権利擁護と介護サービス計画
ご利用者の心身の状態と介護需要を把握し、一人ひとりの介護サービス計画を作成し、適切なサービスの提供に努めます。またご利用者への十分な説明と同意に基づく福祉サービス利用契約の締結と成年後見制度の活用など適切な権利擁護に努めます。
 
(4)個人情報の保護
個人情報保護に関する法令、その他の規範を遵守し、プライバシー保護、個人情報保護に対する姿勢を明確にし、個人情報に関する基本規定を策定するとともに、個人情報の利用目的を特定し、公正かつ適正適切に扱うなど、個人情報の保護に努めます。
 
(5)苦情・相談体制の設備
ご利用者やご家族からの苦情・相談に対しては、誠意をもって適切に対応し、また第三者委員会の活用を行うなど、苦情.相談体制の整備に努めます。

『笑顔をモットーに、思いやりと心のふれあいを大切にします。』

 
「あたりまえの変わらない暮らし」をご支援し、ご利用者さまの生活スタイルを重視します。
ご家族やご友人との交流を保ちながら、「自分らしく」いきいきと自信をもって生活していくためのお手伝いをいたします。
日常的に地域との活発な交流も行っております。

介護老人福祉施設とは?

自立を支援し、家庭への復帰を目標としている施設です。

介護保険の要介護認定で要支援を除いた、要介護3~5と認定された要介護者で、寝たきりや認知症などで日常生活全般にわたって常時介護を必要とし、居宅(自宅)でも生活や介護が困難な高齢者の方などを対象とした施設です。
食事や入浴、排泄といった日常生活上の介助や機能訓練、健康管理等を行います。
看護師、生活相談員、機能訓練指導員、介護職員などのスタッフがサービスをご提供いたします。

サービスの内容

施設サービス計画(ケアプラン)に基づき、日常生活上のお世話や機能訓練、健康管理を行います。

ケアプランの作成
施設サービス計画(ケアプラン)
日常生活上のお世話、介護
管理栄養士による身体状況に配慮した食事を提供(食材料費は給付対象外)
入浴または清拭
ご利用者の状況に応じた排泄介助
機能回復訓練
機能訓練指導員によるリハビリテーション
健康管理
看護師、協力医療機関等による健康状態の確認や管理
緊急時等、必要に応じて主治医あるいは協力医療機関等に引きつぎ 
相談および援助
ご利用者およびそのご家族から受けた相談への対応やアドバイス